24周年記念 国際音楽祭AMEROPA 2017
»»» ~プラハで室内楽を演奏しませんか?~ «««


Li Kaixiang Debbra Wood Schwartz Mingwei Zhao Václav Slivanský, Monika Pecikiewiczová Ada Slivanská Ondřej Kukal
Jitka Adamusová

AMEROPA
ソロ・マスターコース

2017年 7月15日(土)
〜7月22日(金)
チェコ共和国、ブランディーズ・ナド・ラベムにて開催

AMEROPA
音楽祭、室内楽講習会

2017年 7月23日(日)
〜8月7日(日)
チェコ共和国、プラハにて開催

Hana Müllerová
Slavomír Hořínka David Ehrlich Vadim Mazo
Information about programs:   anglicky   česky   anglicky   španělsky   日本語   německy

Ameropa 2017 - Ameropaとは


Ameropaは、プラハ(チェコ共和国)に23年前に設立され、このプロジェクトの黎明期から、歴史あるボヘミアの首都プラハの様々な場所で、多くの国、文化、異なる年齢のミュージシャンが共に室内楽を演奏する経験を通してお互いから学び合う理想的な状況を提供してきました。Ameropaでは常にプロの音楽家、学生、アマチュアの音楽愛好家達も歓迎され、教授陣は多文化の豊かさをもって誠心誠意サポートやアドバイスを行います。若い才能ある演奏家の教育がAmeropaの最も重要な目的の一つであり、その為にここに室内楽又は個別の楽器の専門性を教えることができる専門家が集まりました。

Brandys nad Labemでの個人レッスン 7月15日から22日まで


室内楽講習が始まる1週間前に、プラハの北東約15キロにあるBrandys nad Labemにて、各楽器の個人レッスン講習会が行われます。参加者は毎日各専攻楽器の個人レッスンを受講し、他にいくつかのマスタークラスにも参加できます。参加者は希望するソロの楽曲又は一週間後に参加する室内楽講習会で演奏するレパートリーで個人レッスンを受けることが出来ます。教授陣によるウェルカムコンサートと、参加者が演奏する2回のコンサートをBrandys nad Labemの由緒ある古城で行います。

プラハでの音楽祭、室内楽講習会 7月23日から8月6日まで


室内楽レッスンはホテル近くのJan Hanus音楽院で行われます。音楽院にはたくさんの練習室とコンサートホールがあり、マスタークラス等も行われます。しかしながら、多くの重要なコンサートはプラハ市内の歴史的な場所で開催されます。またプラハ近郊の由緒ある街で演奏する機会もあります。

全ての参加者は教授によって編制された室内楽のグループに参加します。年齢や演奏経験の違いによって、参加する講習の難易度を選ぶことが出来ます。グループ編制は弦楽四重奏、木管五重奏、ピアノの加わる室内楽、声楽の加わる室内楽などがあります。

例)参加者は室内楽とオーケストラのクラスに参加することができます。

室内楽は一人が最大3グループまで参加することが出来ますが、オーケストラでの演奏を希望する参加者は室内楽への参加は2グループまでとなります。

また、1週間をオーケストラレッスンのみ、2週目を室内楽レッスンのみにすることも可能です。

講習期間中は多忙となりますが、参加者はレッスンやリハーサルの合間に歴史ある素晴らしいプラハの街の散策を楽しむことが出来るでしょう。

インテンシブプログラム


高いレベルの参加者やプロの音楽家のためのプログラムです。インテンシブコースの参加者は通常のコースよりも多くのレッスンとリハーサルに参加します。このコースの参加者には一曲だけの室内楽作品をより高度に習得し仕上げることが望まれます。その一曲を多くのコンサートで演奏をすることができます。また、より深く作品を知るために、希望があればその作品を教授達と共に演奏することもできます。(ただし作品の中の一楽章に限る)。インテンシブプログラムには、予め結成されたグループで参加するのが望ましいです。もし個人でインテンシブプログラムに参加したいという参加者がいたら、Ameropaではその参加者を高レベルのグループに組み込むよう努力しますが、他の参加者のレベルが揃わなければ不可能です。4月30日に行われる教授会議で行われる審査に通った希望者のみが参加することが出来ます。

オーケストラプログラム


優れたチェコのオーケストラ作品を演奏する機会となるようこの音楽祭にはオーケストラのクラスがあります。チェコフィルの団員による指導も受けることができます。指揮はチェコフィルホルン奏者でAmeropa教授のJiří Havlík が行います。Dvořák, Smetana, Janacek, Martinůなどの優れたチェコ作品をオーケストラで演奏します。リハーサルはパートに分かれた分奏も含まれます。

オーケストラプログラムは第二週、第三週の室内楽講習会の期間に行われます。演奏する予定のプログラムは、以下のとおりです。
Antonín Dvořák-Stabat Mater (最初の一週間)
Antonín Dvořák-Rusalka – (二週目)
Bedřich Smetana - My Country - "我が故郷" – (一週二週共通).

ユースプログラム


8歳から14歳までの参加者のためのプログラムです。同じ年代のさまざまな国からの参加者と異文化交流をはかる良い機会となるでしょう。室内楽のグループでリハーサルや演奏会に参加することができます。時には年長の参加者や教授と共に演奏することもできます。保護者の同伴なしで参加を希望する方には、Ameropaチームによる援助(公共交通機関を使って移動する際など)を受けることができ、また希望者にはホテルではない宿泊所(信頼のおける一般家庭でのホームステイ)を用意することもできます。ユースプログラムの参加者は全三週間のAmeropa講習会の中で(第一週のソロウィークも含む)最小一週間の参加を選ぶことができます。

作曲家プログラム


チェコの有名作曲家による作曲法の個人レッスンです。Ameropa講習会で演奏する小作品を作曲します。参加者は自作品を演奏するグループに演奏者としても参加することができます。

聴講生プログラム


参加者の家族やAmeropaで行われる活動に興味がある方は、聴講生として全ての期間(ソロウィークを含む三週間)Ameropaに参加することができます。聴講生は全てのクラスや演奏会に参加することができますが、室内楽グループに参加して演奏することは出来ません。観光ツアーなどを希望する方は、事前に事務局へ相談する必要があります。

さらに情報を詳しく知りたい方や疑問がある方は、お気軽に事務局までお問い合わせください。日本
語でのお問い合わせは、eduardodelriorobles@hotmail.comで受付ています。